新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 松本零士『陽炎の紋章』 

長編マンガ。タイトル読みは「かげろうのもんしょう」。
謎多き来日外国人スネル兄弟(の弟)をモデルとする主人公と、幕府方の土方歳三、倒幕方の高杉晋作とが、相互に関わりつつ、それぞれの信念を貫いて幕末動乱の日本に生きる姿を描く。
他に実在モデルのいる人物として、近藤勇、沖田総司、野村望東尼、野津道貫などが登場。

1865年(慶応元年)、南北戦争終結直後のアメリカを、プロシャの武器商人エドワード・スネルが訪れる。
彼は、終戦により不要となった武器を大量に買い付け、横浜へと運ぶ。
その航海中、懲罰を受けていた乗組員クロウの身柄を引き取る。
ネイティヴ・アメリカンのクロウは、同胞を虐殺した白人に敵意を持っていた。
しかしスネルは、彼の誠実な人柄を見抜き、対等に扱う。

やがて駿河湾沖に到着、高杉晋作と落ち合い、注文されていた武器を引き渡した。

横浜に上陸し、久々に兄ヘンリーと再会したスネルを、土方歳三が訪ねてくる。
会津藩の注文によりスネルが持ち帰った銃砲類を確認すべく、江戸下りのついでに立ち寄ったのだった。
刺客に襲撃され、スネルは愛用の刀を損じる。
土方は、耐久性に優れた隕鉄合金の刀をスネルに贈った。その銘は「燦 天河無限」と切られ、刀身は星空のように輝く。
スネルは、クロウを土方に託し、日本で生きていけるようにしてやって欲しいと依頼した。

まもなく、スネルや土方、高杉の動向を監視し、命を狙う秘密結社の暗躍が明らかとなっていく。
それは、「闇の匠(ダークマイスター)」の意志であった。
「闇の匠」は、ある遠大な計画のため密かに来日しており、障害となる者を倒幕派・佐幕派問わず排除する挙に出たのだった。

スネルは、会津藩士となって京都に拠点を移し、次々襲い来る刺客と戦いながら、この国とサムライたちの行く末を見届けようとする。
だが、日本全土を覆い尽くす未曾有の大乱は、目前に迫っていた。

読めば最初にわかってしまうので明かすと、主人公スネルはジェンダーを偽装している。
服装や言動は男そのもので、わずかな例外を除き疑われることもない。
だが、ふとした拍子に(存在するはずのない)女の姿を目撃し、戸惑う者が続出。
徐々に、味方にも敵にも事実が知れていく。
スネルが男として行動し、高杉や土方ら日本人に命懸けで肩入れする理由は不明である。
ただ、故国では騎士、日本では武士の生き方に強く共鳴し、自らもそれに倣おうとしている。

本作の高杉晋作は、天衣無縫、陽気、病を抱えながらも酒と女を愛してやまない自由な冒険者。
一方の土方歳三は、折り目正しく、冷静沈着でストイック、近代武器にも関心の深いサムライ。
このふたりが偶然に一度だけ出会い、政治的には対極にあると知りながら、互いの人格を認め合う。

クロウは、強力な近代武器を持つ白人によって滅ぼされた一族の、唯一の生き残りである。
土方に付き従ってよく働き、新選組隊士として認められるものの、異境に独り生きる悲哀を背負う。
その姿は、日本人もまた同様に滅ぼされかねない危地にある、という警告のようにも見える。

ストーリー展開に合わせて語られる古銃や刀剣の蘊蓄が、質・量ともにすごい。
特に銃器に関しては、その発達史を読んでいるかのよう。さすがミリオタ松本零士の面目躍如である。
この蘊蓄を語りたいがために、武器商人スネルを主役にしたとも思える。

作者の新選組贔屓は、『宇宙戦艦ヤマト』のキャラクターネーミングなどにより、夙に知られる。
少年期の終戦体験から、敗者の無念に共感を覚えるようになったと、本人は語る。
本作でも、「歴史」に抗いながら滅びてゆく者達の姿を、愛惜とロマンを込めて描いている。

本作は、中央公論社の月刊誌『小説中公』に1993年より1996年にわたって連載され、並行して単行本(中公コミック・スーリ スペシャル、A5判)が4巻まで発行された。
『陽炎の紋章 1 新選組の影』 1994年8月発行
『陽炎の紋章 2 晋作の時代』 1994年9月発行
『陽炎の紋章 3 闇の匠(ダークマイスター)』 1995年4月発行
『陽炎の紋章 4 昼間の梟』 1996年1月発行

ところが、掲載誌が休刊してしまい、本作も未完となっている。
ストーリーは、第4巻の最後に鳥羽伏見戦争が勃発。
連載では、その先の箱館の場面まで描かれていたものの、単行本未収録である。
作者は、描く意欲を失ってはいないそうだが、近頃は各機関の名誉職や後進の育英指導に忙しく、また『銀河鉄道999』をはじめ多数の未完作品を抱えていることもあり、本作の再開は困難と思われる。

陽炎の紋章 (1)
>>詳細を見る



陽炎の紋章 (2)
>>詳細を見る



陽炎の紋章 (3)
>>詳細を見る



陽炎の紋章 (4)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

 山科けいすけ『サカモト』 

ギャグマンガ。坂本龍馬をはじめ、幕末の有名人たちがシュールな笑いを醸し出す4コマ連作集。

架空の人物を主人公とする現代もの『C級さらりーまん講座』『パパはなんだかわからない』で知られる作者だが、歴史パロディものも手がけており、『SENGOKU』に続いて本作を執筆・連載した。

ひとつの話が4コマもしくは8コマで完結する形式。ストーリーはほとんどない、と言ってよい。
おかしな性格・性癖のキャラクター同士がかみあわないやりとりをする、というのが作者のギャグスタイルのひとつであり、本作も幕末人物たちがそのようなキャラとなって、混沌とした幕末ワールドを展開する。
主な登場キャラは、下記のとおり。

坂本龍馬
天衣無縫の自由人。物事にこだわらなさすぎる性格。
日本の夜明けについて皆に語り聴かせるが、自分自身のビジョンもイマイチ明確でない。
つきあう相手は顔の面白さで選ぶ。勝海舟の世界観に深く傾倒している。

西郷隆盛
上野の銅像を二頭身にしたような外見。何事にも動じない大物。すべてにおいて薩摩が一番と確信している。
薩摩の力で幕府を倒して日本を統一し、全国をイモ畑に、標準語を薩摩弁にするのが理想。
坂本と仲が良い。キン◯マ自慢。

勝海舟
なぜかあばた面で小太りのおじさん。日本人は広い世界に目を向けるべきと説き、独特の持論を展開。
曰く、月の裏側には異星人の基地がある。世界一の強大国は「あとらんちす」。
欧米列強が日本を狙うのは、日本(青森県)にキリストの墓があるから。
新撰組の設立目的は、世界の歴史を陰で操ってきた秘密結社「ふりいめえそん」の日本侵入を防ぐこと、と看破している。
しかし、坂本以外の者にはなかなか理解されない。

高杉晋作
肖像写真をデフォルメした容姿。頭が良く、プライドが高い。些細なことでキレる。
革命家の血が燃えたぎり、やたらと放火する、とても迷惑な「炎の革命家」。
同じ労咳病みの立場から、沖田総司にライバル心を燃やすが、喀血量では適わない。
桂小五郎といがみ合っている。

桂小五郎
美男だが、二頭身。お尋ね者として追われながら諜報活動を続け、いつ襲われるかびくびくしている小心者。
追跡をかわすため変装するうちにマニアとなり、猫・カンガルー・立ち木・海亀(産卵中)など次第に「欽ちゃんの仮装大賞」化していく。高杉晋作とは犬猿の仲。

沖田総司
労咳なのに血色が良く、まるまる太った大食漢。
攘夷派である証拠をつかんで斬るため坂本に近づき、友達づきあいするようになる。
しょっちゅう大量喀血し、血を吹き付けて敵を倒すなどの離れ業を見せる。
お肌が女よりもキレイで、やたら人から触られまくる。痩せれば美形。

土方歳三
イケメンで女にモテモテだが、恨まれることも相当やっているらしい。
戸外では倒幕浪士だけでなく、女たちからも襲撃される。
本人はバイセクシャルで、沖田の胸をもんでは迷惑がられている。

近藤勇
その筋のコワイ人みたいな面相。やたらめったら人を斬る。
自分は刺されても気づかないほど、痛覚が鈍感。
土方に片想いしているが相手にされず、沖田に嫉妬している。

このほか、怜悧な理論派だがイモ大好きの大久保利通、武器のついでに怪しい「幸運の壺」を売りつけるグラバー、凄腕の人斬りなのに見かけはあどけない幼児ふうの岡田以蔵、マニアックな人斬りを趣味とする斎藤一なども登場する。

これでもかとギャグが繰り出されるが、個人的に最も印象に残っているのは以下の会話。
坂本「ところで口の中に何を入れちょるぜよ?」
高杉「何も入れとらんっ」(怒)


これでも単なる悪ふざけではなく、一応は幕末史の基礎知識を踏まえて茶化している。
時々、面白さを通り越して、なんだか虚脱感に襲われる迷作。
シュールすぎて、こんなふうに文章で説明するのが馬鹿らしくなってくる。

竹書房より全2巻の単行本(1999)が出ている。新潮文庫版(2010)もある。

サカモト
(新潮文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

 里中満智子『浅葱色の風 沖田総司』 

長編マンガ。夢の実現を願い真摯に生きた青年剣士・沖田総司の生涯を描く。

姉おみつ、兄とも慕う土方歳三、剣の師匠・近藤勇などの人々から愛され、自身もまた彼らを愛して育った沖田総司は、素直で明るい青年に成長する。
悲しい時も笑顔でふるまい、人を思いやる優しさを持っていた。
そして、自分の取り柄は剣だけであり、その剣で師匠の役に立てるならと考え、近藤らと共に浪士組に加盟し、新選組隊士となる。

島原の遊郭で、総司は娼妓・松葉と出会う。
彼女は、遠い昔に別れた幼なじみのおまつだった。
足繁く通う総司だが、その優しさをおまつは愛でなく同情と思い込み、身請けされることを拒んで姿を消す。
取り残された総司は、ただおまつの幸せを願った。

新選組は京都の治安を守るべく活躍し、総司も先頭に立って尊攘激派を斬った。
闘うことで住民を守り、組織を維持し、部下の負担を減らし、近藤・土方の役に立てると信じたのである。
労咳に蝕まれていると医師に宣告された時、多くの人命を断った自らが命を惜しむのは傲慢だろうかと、己の心に深く問う。

やがて、医師の家で出会ったおちずと惹かれあう。おちずは夫と別れ、幼い娘と胎内の子を抱えていた。
総司は彼女と子供達の力になりたいと申し出、おちずもそれを受け入れたが、病を得て世を去る。
新選組の闘いは苛烈を極め、江戸以来の同志だった山南敬助や藤堂平助も命を散らす。

刀の重さにも耐えかねた総司は、病床に伏す。
鳥羽伏見戦争の勝敗を銃砲の性能が決したと聞き、剣だけを拠り所としてきた自分はどうすればよいのか、わからなくなっていた。
江戸での療養の日々、ひとり孤独に過ごす総司のもとに、おまつが訪ねてくる。


まっすぐで健気な沖田総司像が、清々しい。
土方歳三近藤勇、試衛館出身の同志らも、生き生きと描かれている。
芹沢鴨は、貪欲で酒色にだらしない面ばかり強調され、あっけなく暗殺されてしまう。
ページ数が限られ、多くを割けなかったのだろうが、少々惜しい。
ただ、総司に諫められた芹沢が、総司と近藤との信頼関係を心中羨む場面は印象的。

終盤、療養中の総司を土方が訪ねる場面で、土方は函館に独立政権を樹立する夢を語る。
実際には、土方が会津へ行った時期であり、蝦夷地渡航などは考えていなかったろう。
しかし作者はそれを知らなかったわけでなくて、土方が総司に新しい夢を語る場面を描きたかったのだと思う。
あれもしたい、これもしたいと願いながら死んでいくのがいい。何もしたいことが無くなって死んでいくのは、寂しい」と土方が語り、総司も「そうですね」と答える。
この他にも、ふたりの会話には心に残る台詞が多い。

全体として、真面目にきっちり描かれた作品、と感じる。
あとがきによると、作者は若い頃から沖田総司に惹かれ、彼が暗いイメージで語られがちであることを残念に思ったという。
そして、自身がガンを告知された時、病に冒された総司の心理をより身近に感じた様子である。
作者闘病の中で本作が描かれたことを思うと、いっそう感慨深い。

これまで講談社(1984)、翔泳社(1995)、中公文庫(1997)、嶋中書店(2003)から出版された。
電子書籍版も出ている。

浅葱色の風 沖田総司
(中公文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

 みなもと太郎「冗談新選組」 

マンガ。近藤勇・土方歳三を中心として、新選組の興亡を描く、連作ギャグシリーズ。
雑誌連載3回分の本編「冗談新選組」と、4回分の番外編「冗談新選組外伝」によって構成される。

冗談新選組

【第1回】
まったく流行らない貧乏道場の試衛館
 ↓
浪士隊に加わって京都へ
 ↓
芹沢派と同盟し京都残留を決意
 ↓
残留組の清河暗殺計画

【第2回】
清河暗殺に失敗
 ↓
新選組結成と隊士募集
 ↓
芹沢の乱行
 ↓
芹沢暗殺(されたと見せかけて逃亡)
 ↓
長州系浪士による蜂起計画

【第3回】
池田屋事件
 ↓
鳥羽伏見戦争
 ↓
沖田の死
 ↓
江戸へ引き上げ
 ↓
近藤の投降

近藤・土方の他に、沖田総司も主役扱い。芹沢鴨も、暗殺されるまでは目立ちまくり。
さらに、試衛館から税金を徴収しようとする税務署員が「鞍馬天狗」と化し、しつこくつきまとう。

最後はストーリーが端折られ急転直下に終わっており、連載打ち切りの憂き目にあったかと思えるほど。
しかし、作者の回顧談によると、当初から「3回で合計70ページ」と依頼された作品だったとか。
そこで、新選組の結成から終焉まで描こうと決意、完遂したものの周囲から何の反響もなかった、という。
なぜそのように無理な挑戦をしたのか、理解に苦しむところだ(笑)

冗談新選組外伝

「傷だらけの新選組」
近藤勇のキャラクターを俳優・鶴田浩二に置き換えた、テレビドラマのパロディ。
芹沢暗殺事件を扱っているが、他の作品とのストーリー的なつながりは薄く、単発作品といってよい。

「新選組驚記・前編」
隊士募集により、伊東甲子太郎らが入隊するが、早くも不協和音が生じる。

「新選組驚記・後編」
伊東の分離脱退工作が、困難を極めながらもなんとか成功する。

「油小路の暗殺」
伊東暗殺、油小路の激闘によって、御陵衛士は壊滅する。

近藤・土方の他に、伊東甲子太郎が主役扱い。
また、藤堂平助が、双方の板挟みとなって両派閥から虐待されるという、不遇な役回りを演じる。

歴史上の出来事や世界的文学作品といったシリアスな題材を、パロディふうのギャグマンガとして描くのは、作者の得意とするスタイルである。
本作シリーズも、ギャグが多いわりに、ストーリーは要点をきっちり押さえている。
しかも、単なる段取りではなく、ドラマとしての起伏があって楽しめる。
ギャグには昔ながらの漫才ふうな味わいがあり、長閑さや暖かみを感じさせる。

本作は残念ながら短命に終わってしまい、物足りなく思えた。
しかしその血脈は、作者の大長編マンガ「風雲児たち」に受け継がれた。
出版社から幕末群像劇を依頼された作者が、幕末政治情勢の発端となった関ヶ原の戦いから描き始めたため大長編になったという、それ自体ギャグのような話だ。
「冗談新選組」ほど破天荒なギャグはないものの、やはり面白い。
史実を非常に良く調べて描いており、生半可な文章本よりずっと勉強になる。
昭和57年から連載開始し、掲載誌が途中で変わるなど曲折を経て、現在「風雲児たち 幕末編」が月刊『コミック乱』にて連載中である。

「冗談新選組」の初出は1972年、『少年マガジン』。
その後、何度か単行本化された模様。
新書館ペーパームーン・コミックス版(1980)、イースト・プレス版(2003)を見かける。
また、作者自身が私家版を発行しイベント等で頒布している、という話も聞く。

[追記 2015/12/14]
『冗談新選組 風雲児たち外伝 増補新版』が、2015年12月、復刊ドットコムより刊行された。
収録内容は「冗談新選組」のほか、「仁義なき忠臣蔵」 、作者と三谷幸喜との対談、短編マンガ「徳川慶喜」「チャカポンくん」、新規「あとがき」とのこと。

冗談新選組
風雲児たち外伝
<増補新版>
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

 黒鉄ヒロシ『新選組』 

マンガ。短編45編(序含む)によって、新選組の発足から終焉までを描く。

いわゆる「黒鉄歴画」の第1作。
子母澤寛「新選組三部作」を基礎としているものの、ストーリーはあまり重要でない。
作者の自由なイメージによって、エピソードのエッセンスが象徴的に表現される、ユニークな作品である。
別の物になぞらえ比喩的に表現したり、フォルムやシルエットの似通った別の物に変容させたり、ダジャレ的な言葉遊びを用いたり、黒鉄流のシュールかつユーモラスな手法による展開が面白い。

線の多い精緻な絵柄、線を省略した単純な絵柄、役者絵のように様式化された絵柄と、多彩な描法が縦横無尽に入り交じり、互いに違和感なく画面を構成し、技術の高さを感じさせる。

作画の参考として、写真史料も用いている。
肖像写真の考察で、土方歳三(全身像)と荒井郁之助(旧幕脱走軍幹部の集合写真)の腰かけている椅子が酷似している、という指摘は鋭いと思った。

高知県出身の作者は子供時代、坂本龍馬を目撃したことがあるという曾祖母に、よく龍馬の話をせがんだ。幕末つながりで、いつしか新選組という集団にも関心を持ったという。
嫌いではないが好きすぎるわけでもない、適度に距離感のある愛着が作品から窺える。

余談だが、本作は2000年に映画化されている。
原作の絵を切り抜いて作った紙人形を人の手で操るという、生身の演技でもアニメでもない手法が、独特の雰囲気を醸し出していた。
監督・市川崑、製作・フジテレビ、協力・東宝映画ほか、配給・メディアボックス。
声の出演は、近藤勇・中村敦夫、土方歳三・中井貴一、沖田総司・原田龍二、山南敬助・うじきつよし、芹沢鴨・石倉三郎、清河八郎・石橋蓮司、伊東甲子太郎・石坂浩二、お孝・萬田久子、明里・清水美砂、駒野・岸田今日子、ナレーション・江守徹という豪華キャスト。
制作費もしくは制作時間の不足か、ストーリーが沖田総司の死で唐突に幕切れしたのは惜しかった。

PHPから、単行本(1996)と、加筆された文庫本(2000)が出版されている。

新選組
(PHP文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます



back to TOP