新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 中場利一『バラガキ』 

長編小説。副題は、雑誌連載時に『真説新選組』、文庫本では『土方歳三青春譜』。
土方歳三の過激な青春模様を、試衛館時代から池田屋事件勃発にかけて、コメディタッチで描く。

バラガキとは、もとは「茨の垣根」、転じて「手のつけられない悪童」を意味する多摩の言葉である。
「バラガキのトシ」の異名を轟かす歳三は、相手かまわず喧嘩をふっかけては斬りまくるという物騒な日々を送っていた。
その上、過去の女性問題が原因で恨みを買い、執拗につけ狙われてもいた。
この件が、いつしか試衛館一門vs.町火消しの大喧嘩に発展し、一門は江戸にいられなくなってしまう。

折柄、浪士組の募集を知った彼らは、渡りに船とばかり応募し、京へ上ることに。
このとき芹沢鴨と出会った歳三は、強い不快感を抱き、いつか倒すと心中密かに誓う。

京では、浪士組を離脱、会津藩をスポンサーとして壬生浪士組を設立する。
さらに、家里・殿内派を排除し、京坂合同の相撲興業を開催するなど、近藤勇を頂点とする組織創りに専心。
その一方、商家の娘・千世(ちせい)と知りあい、故郷に残した許婚・お琴を忘れて、夢中になる。
そしてついに、会津藩の合意のもと、芹沢派を壊滅させた。

やがて洛中では、京を追われた長州が不穏な動きを見せる。
歳三は、「バラガキのトシ」に決別を宣言し、池田屋へとひた走るのだった。

本作の歳三は、非常にガラが悪い。何のためらいもなく無造作に人を殺し、一片の後悔もない。
沖田総司も、負けず劣らず危険な性格で、機会さえあれば誰かを斬り殺そうと情勢を窺い、場合によっては歳三さえも殺しかねないような、底の知れなさを見せる。
原田左之助、永倉新八、藤堂平助あたりも、似たり寄ったりの粗暴な連中。
近藤勇は、鷹揚でお人好しの大将だが、彼らの乱暴を制止するどころか一緒に楽しんでいる風情。
まるで、作者の代表作『岸和田少年愚連隊』シリーズを、人物と時代を変えて再現しているかのようである。

江戸では、後先考えず無闇に事を荒立て、おつむのよろしくない不良が暴れ回っているがごときの歳三。
ところが京都では、打って変わって状況を先読みし、あらゆる策略をめぐらせて対策を打ち出し、次々と目的を達成していく。
なんだか急に知能が向上したようで、不思議な感じがする。
これは、新選組という目標ができて、悪知恵が建設的な方向に働くようになった、ということだろうか。

歳三が「バラガキ」の異名を持つところ、何かにつけ沖田にからかわれるところ、好いた女に夜這いをかけるところ、試衛館時代から因縁続きの相手を京都で斃すところなどは、司馬遼太郎『燃えよ剣』のパロディふう。
新選組の組織を創り上げていく立役者が歳三であるという点も、おそらく『燃えよ剣』の踏襲だろう。

登場人物の言動は無軌道でも、作品自体はまとまっている。
作者が新選組の研究書を多数読んだ様子が伺え、創作の中にもそれらを巧く取り入れて書き上げたといえよう。

独自の設定・展開として、下記の点が印象的。
  • 山崎烝は、試衛館時代から歳三と親しい関係にあった。
  • 歳三と恋仲になる千世は、蝦夷の豪商・萬屋分家の娘。(萬屋は、箱館で歳三が世話になる先。)
  • 佐伯又三郎が殺害されたのは、芹沢派と近藤派の対立が原因。
  • 芹沢暗殺の際、歳三はお梅にも協力させようとする。
  • 池田屋事件の前に多くの新選組隊士が脱走したのは、実は歳三の計略だった。

大和屋焼き討ち事件で、主犯が芹沢と世間に知れ渡ってしまう点は違うと思うが、ストーリー展開上やむを得なかったのかもしれない。(当時の史料では、犯人は覆面を着用しており正体不明。)

拷問や斬殺のシーンが頻繁にあるものの、陰惨な雰囲気ではない。
会話が軽妙で楽しい。歳三が、喧嘩の前に脱いだ履き物をきちんと揃えたり、恋文を沖田に朗読されて慌てたり、黒蜜をかけたところてんにケチをつけたりなど、ユーモラスな場面も多い。
全体的には、壮快な青春小説となっている。
好き嫌いは分かれるだろうが、ガラの悪ささえ気にしなければそれなりに楽しめよう。

初出は『小説現代』1999年9月号~2000年5月号の連載。
講談社から単行本(2000)、文庫本(2003)が出版された。
双方とも表紙カバーに、土方歳三の肖像写真に落書きしたものが使われ、目を引いた。
この装丁の意図はいろいろと解釈できる。歳三にボコボコにされた者の鬱憤、あるいは「バラガキのトシ」が「英雄・土方歳三」に反発する気持ちを表わしたのかもしれない。

ちなみに、作者の新選組小説としては、ほかに朝日新聞社出版『黒猫 沖田総司の死線』(2009)がある。

バラガキ 
土方歳三青春譜
(講談社文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんばんわ。
こんな本があったんですね。
是非読んでみたいですね。
新鮮に読める気がします。

2012/01/21(Sat) |URL|なおまゆ [edit]

なおまゆさんへ

なおまゆさん
コメントありがとうございます。

本作は、たまたま連載を読みました。
ずいぶん過激な描写が多く、初めは違和感を持ちましたが、すぐ慣れました。
また、明らかに『燃えよ剣』のパロディとわかる場面があったので、
どうやら作品全体がオマージュのようなものらしいと気づきました。

昔の人は現代人より老成していた、と言われますね。
歳三の年齢(浪士組加盟時に数え年29歳)で本作のような悪ガキだとすると、
当時の感覚では「いい年をしてイタイ奴」と見なされるのだろうか?
などとも考えましたが、正直よくわかりません。
でも、細かいことにこだわる必要の無い、さらっと読める娯楽作品だと思います。

2012/01/22(Sun) |URL|東屋梢風 [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/108-4c4fc57f


back to TOP