新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 浅田次郎『壬生義士伝』 

長編小説。陸奥盛岡を脱藩し、新選組隊士となった吉村貫一郎の生と死を描く。
浅田版新選組三部作の第1作。

慶応4年(1868)1月7日夜。
大坂北浜、盛岡南部藩の蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。
新選組の隊服を着用する彼は、「南部脱藩、吉村貫一郎」と名乗り、平伏して帰参を願い出る。
数日前に鳥羽伏見戦争が勃発し、旧幕方はすでに敗走を始めていた。情勢は混沌とし、諸藩は去就に迷う。
盛岡藩も中立の立場をとっており、敗残者を匿うのは非常に危険だった。

応対に出た差配役・大野次郎右衛門は、吉村の幼なじみであり、また元上司(組頭)でもあった。
しかし、吉村を叱りつけ、その必死の願いを冷たく斥ける。
なおもすがる吉村に、「それでは、武士の情けとして奥の一間を貸すから、潔く切腹せよ」と厳命した。
奥座敷でたった独り、死を目前にした吉村貫一郎は、来し方を振り返る。
そして懐かしい故郷と、そこに残してきた妻子への未練に苛まれ、深く苦悶する――

――それから47年後、世の中が大きく変わって久しい大正4年(1915)。
吉村を知る関係者を訪ねては、インタビューする人物がいた。
応じる語り手は、旧新選組隊士の某(姓名不詳)、稗田利八(池田七三郎)、藤田五郎(斎藤一)、旧南部藩士の桜庭弥之助、大野千秋(次郎右衛門の嫡子)、大野家に仕えた元中間の佐助などである。
彼らの回想・告白によって、吉村と大野の人物像、ふたりの間に何があったのか、吉村の妻子がどのような運命をたどったのか、次第に明らかとなっていく。

吉村貫一郎という隊士に初めて触れた出版物は、西村兼文『新撰組始末記』であろう。子母澤寛も、これを手がかりに取材した様子で、『新選組物語』の「隊士絶命記」に吉村を取り上げた。
これらの素材を膨らませ、この長編に書き上げた浅田次郎の手腕は、さすがと言える。

序章のみが三人称、その後は登場人物それぞれの視点(一人称)で描かれる。
死にゆく吉村の独白と後年の関係者達の談話とが、交互に配された構成。話が慶応明治と大正とを行き来してもわかりやすく、事実が明かされていく過程が巧みで、技術の確かさを感じる。
また、新選組について、幕末の身分制度や経済のしくみについてなど、よく調べて反映させている。

娯楽作品として楽しめると同時に、侍にとって「義」とは何か、ひいては人が生きる上で大切なものは何か、といった命題を投げかけてくる哲学性もある。
隊内で「金の亡者」「守銭奴」と蔑まれる吉村が、実は愛しい妻子のために羞恥や恐怖に耐え働き続けていたと判明するにつれ、社会の矛盾、命の重みなどを考えさせられる。
さらに、吉村を疎み人間すべてを憎んでいた斎藤一が、吉村との関わりによって心境の変化を見せるさまには、清と濁、強と弱の間を絶えず揺れ動く人の心の不思議さを思わずにいられない。

南部盛岡(岩手県)の、厳しくも美しい風土の描写が鮮やか。
この故郷に、吉村貫一郎の魂がようやく帰り着いたと感じさせる結末にも、胸打たれる。

新選組では、土方歳三沖田総司永倉新八原田左之助近藤勇なども出番が多い。
酒井兵庫の処分、谷三十郎の暗殺、坂本龍馬の暗殺、油小路事件、天満屋事件などに独自の設定や展開があり、興味深い。
そのほか、箱館戦争で活躍する旧幕臣・中島三郎助の勇姿も、注目どころ。

作中、関係者達にインタビューしてまわる人物が何者かは明示されない。
本作の連載終了後、作者自身が明かしたところによると、子母澤寛をモデルにした新聞記者だとか。面白い趣向である。

余談ながら、作者は三船敏郎主演の映画「新選組」(1969)を観て新選組にハマったそうで、マニアを自認している。
本作執筆当時、オススメ本として『新選組日誌』『新選組戦場日記』を挙げていた。

本作の書誌データは、下記のとおり。
初出誌 『週刊文春』 1998年9月3日号~2000年3月30日号
単行本 『壬生義士伝』 上・下巻 2000年4月 文藝春秋刊
文庫本 『壬生義士伝』 上・下巻 2002年9月 文春文庫

本作を原作とする映像作品やマンガも、発表されている。
テレビドラマ 新春ワイド時代劇「壬生義士伝 ~新選組でいちばん強かった男~」
 (2002/テレビ東京/出演:渡辺謙、渡辺大、竹中直人ほか)
映画 「壬生義士伝」(2003/松竹/監督:滝田洋二郎/出演:中井貴一、佐藤浩市ほか)
マンガ 『壬生義士伝』(2007-/作画:ながやす巧/角川書店/講談社)

なお、本作に続く浅田版新選組三部作の第2作は『輪違屋糸里』、第3作は『一刀斎夢録』である。

壬生義士伝 上
(文春文庫)



壬生義士伝 下
(文春文庫)



壬生義士伝
4枚組 [DVD]



あの頃映画
松竹DVDコレクション
壬生義士伝




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんばんわ。
『壬生義士伝』は中井貴一主演、渡辺謙主演どちらも見ました。原作は読んでないのですが、映像としてもとても楽しめました。原作がよいからなんですね。『鉄道員(ぽっぽや)』は、技巧が鼻について好きになれませんでしたが、『壬生義士伝』はよかった。
新撰組のものの中では『燃えよ剣』(栗塚旭主演)に次いでよかったですね。
ご紹介有難うございます。

2012/02/08(Wed) |URL|なおまゆ [edit]

Re: なおまゆさんへ

なおまゆさん、コメントありがとうございます。

本作の連載を読んだ時、巧いとは思いましたが、正直今ひとつ好きになれませんでした。
「こんなことは実際にありえない、読者の涙を誘う技巧にしてもやりすぎ」と
感じたところがいくつかあったためです。
例えば、伏見へ移る新選組を壬生の人々が総出で見送る場面に、そんな感じを受けました。

人物像に関わる展開も、同じパターンの多用に思えました。
「吉村貫一郎は嫌な奴だと思ったら、実はいい人だった」
「大野次郎右衛門は(以下同文)」
「斎藤一は(以下同文)」
これも、泣かせるための手法?という印象を持ちました。

ところが、最近文庫本で読み返してみたら、なぜかこういう気分にならず、
抵抗なく読み終えることができたのです。
それに、ストーリー構成、人物造形、心理描写、そのほか諸々やっぱり巧いです。
さすが話題作になっただけの面白さはあると、見直しました。

そして、作中の「南部の桜は岩を割って咲く」という言葉に、
「震災を乗り越え復興する岩手」をイメージしました。
本作を読んで盛岡や雫石を訪ねる人が増えてくれたらいい、と思います。

2012/02/09(Thu) |URL|東屋梢風 [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/113-7a3fa9d3


back to TOP