新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 菅野国春『夕映え剣士』 

長編小説。副題『小説・沖田総司』。
剣一筋の道で身を立て名を上げることを夢見て、誇り高くひたむきに生きた沖田総司の生涯を描く。

父の死により白河藩を除籍され、幼馴染み・とねとの婚約を解消され、一流道場への入門を拒まれた沖田総司。
いつか天然理心流を世に知らしめ、己の剣技を以て大藩に仕官することを心に誓い、懸命に精進する。

多摩への出稽古の帰り、茶店に立ち寄った総司は、そこで働く娘・多代と知りあう。
彼女の面差しはとねによく似ており、総司にとって彼女の顔を見ることが楽しみとなった。
多代は、総司が自分にとねの面影を見ているとは知らず、総司を心から慕う。
しかし、試衛館一門が浪士組に加盟して京へ上る計画が持ち上がり、総司は彼女の想いを振り切って旅立つ。

京での総司は、出世への願いもますます激しく、新選組の働きを世に示そうと力を尽くす。
池田屋事件によって新選組の隊名は一挙に高まり、総司の夢も実現に近づいたかに見えた。

ところが、蛤御門ノ変の戦闘は銃撃戦が主体となり、得意の剣を振るう機会がほとんどなかったのである。
総司は、己の身を蝕む労咳よりも、「剣の時代が終わる」という予感に打ちのめされる。
さらに、山南敬助が競争心や劣等感にとらわれた生き方を否定して亡くなり、時勢に追い詰められた新選組が血腥い暗殺集団に変貌していく中で、夢は急速に色褪せていく。

やがて、油小路事件で不本意ながらも藤堂平助を斃したのを最後に、総司は病の床に就く。
千駄ヶ谷に療養中、多代が見舞いに訪れたものの、意識が朦朧とした総司には、ずっと想い続けてきたとねとの見分けがつかなかった。
そんな総司の姿を見た多代は…

ストーリーは、試衛館時代から池田屋事件までに重点が置かれ、多摩への出稽古の様子などが細かく描写されている。

出世や名誉への欲とは無縁の若者として描かれることの多い沖田総司。
しかし、本作では劣等感をばねに社会的成功を獲得し、有名剣流や上流武士を見返してやりたいという、焼けつくような思いを胸に戦い続ける。
その必死な様子が痛ましく切ない。

多代は、封建社会の底辺に生きる者としての運命を受け入れており、総司への愛が報われたいとは望んでいない。
それでもひたすら慕い続ける姿が健気。

近藤勇、土方歳三、井上源三郎は、総司にとって郷党意識で結ばれた最も信頼のおける同志として描かれる。
その一方で、試衛館時代を共に過ごしながらも、攘夷に対する考えの違いからついに理解しあえない山南敬助の存在が重視されている。

春陽堂から文庫本(1993)が出版された。

夕映え剣士
小説・沖田総司
(春陽文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/118-68608475


back to TOP