新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 船山馨『幕末の女たち』 

短編小説集。実際にあった幕末明治の事件を題材に、時代の波間を生きる男女の愛憎を描く9編。
掲載作のうち、新選組に関わるのは「血風油小路」「真葛ヶ原心中」「ながれ藻」の3編。

「血風油小路」
伊東甲子太郎の新選組加盟から死までを描く。

史実に基づく伊東の行動を中心とする物語。
島原輪違屋の花香太夫が馴染みとして登場するものの、出番は少ない。フィクションなのだから、もっと伊東の女性関係に焦点を当てても良かったのでは。
藤堂平助が初めて伊東の道場を訪ねたエピソードは、創作だろうが面白い。
なお作者は、茨木司らの死が新選組による騙し討ちと確信しているのか、まるで史実のように描いている。

「真葛ヶ原心中」
大坂西町奉行所与力・内山彦次郎の暗殺事件をめぐる男女の物語。

内山の孫娘である安栗(あぐり)と、内山の護衛でありながら責務を果たせなかった塚本金右衛門とが、仇敵の近藤勇を討とうとする。素性を隠して、安栗は近藤の情婦となり、塚本は新選組に入隊して機会を狙う。
ところが、近藤はふたりの意図を見抜いていた。

本作の近藤勇は、血も涙もない人でなし。ここまで悪く描かれると、いっそ潔くもある。
内山暗殺事件は、西村兼文『新撰組始末記』により新選組犯行説が主流だったが、現在は疑問視する意見もある。

「ながれ藻」
元御陵衛士の篠崎慎八郎と出会った、薄幸の女おゆきの想い。

新選組に許嫁者を殺され、禁門の変で焼け出され、曖昧宿の女中に身を落としたおゆき。
篠崎と知り合って夫婦となるものの、このささやかな幸せもいつか失われる、と予感していた。
一方の篠崎は、新撃隊の副隊長として新政府に取り立てられ、前途洋々と意気込むが……

新選組(と思しき連中)が、無辜の町人を斬殺している。
ストーリー上、新選組でなければならない必然性は見当たらないが、作者にとっては新選組ならいかにもやりそうで、話を作りやすかったのだろう。
ちなみに、篠崎慎八郎のことは子母澤寛『新選組遺聞』に取り上げられており、本作はこれを参考とした様子。
篠崎の死については異説もあり、『史談会速記録』で阿部隆明が語っている。

この他の収録作品6編は、下記のとおり。

「冬の蛍」 明治13年の臼井六郎仇討ち事件が題材。六郎と薄幸の娘お玉との悲恋。
「谷地の花」 明治7年のドイツ代弁領事ハーバー殺害事件が題材。遊女小すず、領事館に勤める恋人・庄三郎、襲撃犯・田崎秀親ら3人の、皮肉な運命の巡り合わせ。
「刺客の娘」 坂本龍馬暗殺事件をめぐる、見廻組頭並・渡辺吉太郎と娘きみ、田中光顕の物語。
「葉蔭の露」 お鶴(坂本龍馬の未亡人お龍)と、再婚相手・西村松兵衛との関係を描く。
「十三人目の刺客」 文久2年に起きた、赤穂藩の家老暗殺事件が題材。刺客のひとり山下鋭三郎を主人公に、「日本最後の仇討ち」に至る顛末を描く。無名の新選組隊士が、端役で登場する。
「おらんだ時雨」 ヒュースケン暗殺事件が題材。料亭の仲居お里や、外国奉行・堀利煕との交流。

すべて、1969年から1974年にかけて「小説新潮」など文芸誌に発表された作品。

1974年、角川書店から単行本が出た時の書名は『刺客の娘』だった。
1981年の河出文庫版で『幕末の女たち』に改題された。女が脇役・端役扱いの作品もあるので、収録作いずれかのタイトルを書名にしておいたほうが良かったように思える。

幕末の女たち


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

短編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/125-6da18588


back to TOP