新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 北原亞以子『降りしきる』 

短編小説集。幕末・明治期の激動を生きる男女の哀歓を描く7編。
うち、新選組に関連するのは、表題作「降りしきる」「関宿の女」の2編。

「降りしきる」
芹沢鴨の情婦にされたお梅の心模様と、薄幸の生涯。

ある雨の日、屯所にやってきた彼女を、土方歳三はなぜか強引に追い返そうとする。
しかしお梅は、日頃自分を無視する歳三への意地が働き、頑なに聞き入れない。
その夜、刺客の一団が寝間を襲う。

芹沢暗殺事件の展開は、作者の創作を交えつつもリアリティがある。
反発しながら心のどこかで惹かれあうお梅と歳三の心理が、注目どころ。
ちなみに作者は、歳三のモテ男ぶりを、長編『歳三からの伝言』『暗闇から 土方歳三異聞』に詳しく描いている。

「関宿の女」
下総国、関宿藩士の娘・志緒と、許嫁の同藩士・三好小吉郎との悲恋。

戊辰の戦火が関東に迫り、関宿の藩論は佐幕・勤王で真っ二つに割れていた。
そこへ、旧幕軍の使者とともに、唐津藩の小笠原胖之助がやってくる。
胖之助は、小吉郎と親交があり、志緒の名も小吉郎から聞いていると彼女に語った。
やがて、小吉郎が勤王派に寝返ったと聞かされ、志緒は真相を確かめるべく江戸藩邸へ赴く。
しかし、どういうわけか彼の消息はまったくつかめない。
江戸藩邸では、年少の藩主・久世広文が病床に伏していた。
看護を任された志緒は、広文を政争から守るため、胖之助の協力を得て、密かに隠れ家へ移す。
ところが、広文を擁し藩論を統一しようとする佐幕派に発見されてしまい、志緒の身に危機が迫る。

女と男の生き方や価値観の違いについて、いろいろと考えさせられる作品である。

小笠原胖之助は、実在の人物がモデル。
三好胖」と変名して新選組に加わり、蝦夷地で戦死した、という部分は史実である。
本作では脇役ながら、印象的な好青年として登場する。

この他の収録作品は、「証(あかし)」「満開の時」「たかが六里」「埋もれ木」「粉雪舞う」の5編。
新選組とは特に関連がない。

講談社より単行本(1991)、文庫本(1995)が出版されている。

ちなみに、作者の短編小説集『埋もれ火』にも、新選組関連の作品が収録されている。

降りしきる
(講談社文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

短編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/14-79d1054e


back to TOP