新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 早乙女貢『残映』 

長編小説。「死に損ない」の異名をとる快男児・原田左之助の活躍を、慶応4年(1686)から明治3年(1870)にかけて描く冒険譚。

新選組草創以来の幹部隊士・原田左之助は、いまさら言うまでもなく実在した人物。
ただ、慶応4年、永倉新八とともに新選組を脱退、靖共隊を結成した後の行動は、謎に包まれている。
靖共隊を離れて単身江戸へ引き返した理由を、永倉は「余儀なき用事」(「浪士文久報国記事」)とも「妻子の愛着にひかされ」(『新撰組顛末記』)とも述べている。
明治期、元新選組隊士・岸島芳太郎が左之助の妻まさを訪ねてきて、左之助が彰義隊と共に上野で戦い、銃創のため死んだことを報告したという(『新選組遺聞』)。
その一方、左之助は生き延びて満州へ渡り、日清・日露戦争で日本軍に貢献し、明治40年頃に郷里松山を訪れ実弟に会った、という伝承も残されている(『史談会速記録』内藤素行談話)。

本作は、そうした謎の部分に大胆な創作を交えた、娯楽小説である。

「抵抗するならば江戸でしてこそ意味がある」との意地ゆえに、江戸へ舞い戻った左之助。
新政府軍に追われるところを、謎の女お佳代に助けられ、療養中の沖田総司を見舞った。

まもなく上野戦争が勃発、彰義隊に加わっていた左之助は、ここを死に場所と決め果敢に戦う。
ところが戦火の中、味方になりすました新政府軍の密偵・植村徳太郎が、活気隊隊長・蒲生三郎を射殺し逃走。
左之助は、仇を討つべく植村を追って、上野を落ち延びた。
負傷しながらも、神保伯耆守の屋敷~伯耆守の別宅~瓦職人の窯元と行く先々で出会った人たちに助けられ、新政府軍の追及を辛くも免れる。
途中、たまたま知りあった若き医師・袴田順一の人柄と挙動が、左之助に不審の念を抱かせた。

フランス人アルフレッド・ジェラールの助けによって、横浜の外国人居留地へ逃げ込んだ左之助は、偶然にもお佳代に再会する。
そこで、彼女と組んで、アメリカ商人相手に新式銃の闇取引をした。
さらに、手に入れた銃を会津へ運ぼうと無謀な輸送作戦を試みたあげく、船を撃沈されてしまう。

しかし左之助は死なず、奥羽から箱館まで戦いつつ流浪を続けた。
戊辰戦争終結後、再び江戸へ戻ると、そこはすでに東京となっていた。
そして、ひょんな事から出会った旧旗本らに、不穏な計画への協力を求められる。

実在の左之助は、色白の美丈夫で、性格は短気、意地っ張り、向こう見ず、豪胆、型破りと伝わる。
作者はおそらく、そうした彼のイメージを好ましく思い、幕末維新の動乱を背景とした冒険活劇の主人公に相応しいと考えたのだろう。
本作の左之助も、じっと落ち着いておられず次々とやらかしてくれるので、ストーリー展開が面白い。

外見も性格も男前の左之助は、モテまくる。
謎多き女お佳代、西洋医を目指して勉強中のお蘭、瓦職人の養女おしの、といった女たちと出会い、好意を寄せられ、時には深い仲にもなる。新聞(一般紙)の連載小説にしては、きわどい描写もあり。
左之助の離脱を「妻子恋しさ」とする永倉新八の推測は本作にも書かれているが、このお盛んぶりを読むとその推測は外れたな、と思えてしまう。
モテるのは魅力の証拠だし、色恋沙汰のひとつもないでは小説として面白くないだろう。
ただ、京都時代に多くの幹部隊士が内妻や妾を持った中で、まさを正妻として迎えた左之助の律儀さが今日多くの女子に愛されている面でもある。そうした女子ファンにとって、本作は容認しがたいかも。

本作の岸島芳太郎(作中では由太郎)は、上野から落ち延びた左之助を敵と見誤って撃ってしまい、介抱しながら一緒に神保邸へ避難するも、新政府軍に踏み込まれ別れ別れになる。
その後は登場しないが、左之助が死んだものと思い込んで妻まさに報告したであろうことが想像できる。
巧く工夫された展開と感じた。

左之助と戊辰戦の最中に出会った多くの男女・敵味方とは、奇縁によって戦後に再会する。
それぞれの関係にそれぞれの結末が描かれており、潔い終わり方と感じた。
沖田総司の死にまつわる疑惑を左之助が晴らすことによって、かつて世話になった女の運命を変えてしまうという巡り合わせの皮肉さも、心に残る。

作者の幕末維新物の例外に漏れず、新政府に対する批判が随所に見られる。
ストーリーの邪魔になるほどではなく、適度にスパイスが利いている感じ。
旧幕時代にさんざん「攘夷」を叫んで不穏な活動をしていた者が、新政府を樹立したとたん諸外国になびく無節操ぶり等々、批判したくなる気持ちはわかる。

左之助が何処へともなく去っていく終幕は、切なく寂しい。
敗者の側に立たされた人間の挫折感や空虚さが伝わってくる。
それでも、もし彼が戊辰戦争で死に損ない生きていたとしたら、明治3年時点ではまだ満30歳でもあることだし、新天地で新たな生き甲斐を見出して欲しいと思った。

本作は、1976年1月20日から9月11日、読売新聞に198回にわたって連載された。
読売新聞社から単行本『残映』(1976)、徳間書店から徳間文庫『残映』(1985)が刊行された。
また、学陽書房から人物文庫『新選組 原田左之助 残映』(2001)と改題し、出版されている。

ちなみに、左之助生存説を採った短編小説に、中村彰彦「明治四年黒谷の私闘」『新選組秘帖』収録)がある。
こちらでは、左之助は京都へ舞い戻り妻子と暮らしていた。

新選組 原田左之助
残映
(人物文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/142-d76a08ef


back to TOP