新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 童門冬二『新撰組 近藤勇』 

長編小説。目まぐるしく変遷する幕末政情に戸惑い苦悩しつつも、新撰組局長として組織維持に努め、義と誠を尽くした近藤勇の生涯を描く。

流山で新政府東山道軍に投降した近藤勇は、板橋本営へ連行される。
当初、総督府副参謀・有馬藤太からは好意的な扱いを受けたものの、その後を引き継いだ軍監・大監察である谷守部の態度は敵意に満ちて、訊問は苛烈だった。
それは新政府内部の軋轢、つまり討幕戦争において薩長に後れを取った土佐藩が巻き返しを狙い焦っていたことに起因する。
「新撰組が抗戦したのは勝海舟の密命があったため」と近藤に白状させ、勝と西郷吉之助との交渉によって成立した徳川処分・江戸開城を覆し、土佐藩主導の下で改めて江戸総攻撃を宣言する、というのが大軍監・香川敬三や参謀・板垣退助の狙いであったのだ。

それに気づいた近藤は、勝との関係を明かさず、土方歳三らが会津へ行くまでの時間稼ぎに努めようと密かに決意。訊問の引き延ばしを図る。
そして、試衛館道場の主として暮らした日々から、浪士組への加盟と入京、新撰組結成、池田屋事件…と来し方を振り返る。
捨て駒扱いされながら精一杯任務を果たしてきたという思いの一方、虚しさと割り切れなさが残ることも否定できなかった。


本作は小説でありながら、文学性はあまり重視されていない。華々しい剣戟の場面もない。
近藤勇と新撰組の苦闘を、何に起因し如何に推移したのか、当時の社会動向との関係に重点を置き描いている。
そのため、幕末維新史の解説書のようでもあり、人生訓を説くビジネス系啓蒙書のようでもある。噛み砕いた説明がされており、彼らの生きた時代を理解する手引き書としてなかなか面白い。

ただし、創作や推測が交じっていたり、最近の研究によって否定されつつある古い通説が採用されていたり、わかりやすさを優先するためか一面的な解釈がなされていたりもする。
したがって、解説ふうに書かれたくだりであっても、すべて事実と思ってしまうのは危ない。ノンフィクションふうの作品だが、フィクションが多分に含まれていることを念頭に置いて読むべきだろう。

本作では近藤勇が試衛館一門を率い浪士組に加盟した理由について、本物の武士道を世に知らしめるため、と説明されている。曰く、京都では多くの志士が理想と志をもって社会を変革しようとしているが、中には口先でもっともらしい理屈をこねるだけの偽物も少なからず存在する。自分は剣術家であり、高度な政治問題はよくわからないが、武士としての在り方は理解している。それを京都に扶植したい。
目標としては立派だが、いささか観念的すぎてピンと来ない。
実は、近藤は内心では「幕府から費用が出るからといって、道場を閉じてまで参加するなどいじましいのでは」と感じてもいた。そこで、このような動機付けをして理論武装したかったのだ。
このプライドとコンプレックスの入り交じったところに人間味があり、微笑ましい。

この近藤が掲げた精神を、作者は「八王子千人同心の精神」と称している。
そのように言ってしまってよいものか多少の疑問も感じるが、近藤や土方が千人同心ならずとも天領百姓の出身であったという事実は、深く関連していよう。彼らの目に、浪士組の任務である将軍警護は、これ以上望めないほど晴れがましい表舞台と映ったに違いない。
実際のところ、浪士組応募の理由には、いずれ幕臣に取り立てられるという期待感もあったのではないかと思える。作者がそこまで書かなかったのは、近藤の義と誠を強調したかったからだろう。

本作の近藤勇は、思いやり深い人物として描かれている。
たとえば、甲州戦の後に永倉新八原田左之助と訣別したのは、意見の相違からケンカ別れしたわけではなくて、彼らの行く末を慮り、敢えて愛想尽かしされるよう仕向けたのだった。
また、投降後に「自分は大久保大和」と主張したのも、正体が絶対ばれないと思い込んでいたわけではなく、土方らを無事に会津へ行かせたいと考えてのことである。
創作ではあるが、こうした言動を近藤の愚かさゆえと断じている小説に比べたら、読んでいて気持ちが良い。

近藤の描かれ方に比べると、山南敬助の人物像は理解しにくい。
池田屋事件の際、古高俊太郎を捕えて拷問し、過激浪士達が洛中放火・中川宮と松平容保の殺害・新撰組屯所の襲撃を企てていると情報を得た新撰組は、浪士達の集合場所である池田屋・四国屋を急襲しようと決断する。
この時、山南は「浪士達も我々と同じ尊王攘夷論者、同士討ちすべきでない」と言い、土方に「裏切りだ、切腹しろ」と詰め寄られる。しかし、近藤は「出動したくない者はするな」と、寛容に計らう。
この展開には疑問を禁じえない。いくら尊王攘夷の志に篤いからといって、テロ計画を放置してよいという結論に達するものだろうか。
山南がこういう筋の通らない主張をする人だとは、あまり考えたくない。

新撰組の面々の他にも、親幕・反幕にかかわらず多くの人物が登場し、それぞれの理想や意欲をもって時代に関わったことが描かれている。
さらに、個人の活動が合流して大きな力となり、組織に組み込まれ政治に利用されるようになると、個々の理想や意欲は組織の統一に不要なものとされ排除されていく、という皮肉さも描かれている。
近藤が感じる虚しさや割り切れなさも、この「個人と組織」の問題が大きく関わっていたのだった。

「新撰組は幕末の荒海に浮かんだ一艘の小舟であり、乗組員達は転覆させられまいと必死に漕ぎ続けている。近藤勇はその舟の長である」という文庫版のあとがきを読むと、切なさがこみ上げてくる。
作者は本当に近藤勇と新撰組が好きなのだな、と感じた。

本作は2003年、『小説 近藤勇』のタイトルで潮出版社より単行本が刊行された。
そして2009年、『新撰組 近藤勇』と改題され、学陽書房より人物文庫として刊行された。

新撰組 近藤勇
(人物文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/145-7abaa9a0


back to TOP