新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 童門冬二『新撰組の女たち』 

長編小説。新撰組の面々と、彼らに関わった女たちとを中心として、在京期の新撰組の姿を、さらに幕末維新という時代を描き出す。

新撰組隊士の色恋、女性関係に焦点を当てた作品、もしくは作品集は多い。
すぐ思いつくものをざっと挙げただけでも、下記のとおり。ちなみに、すべて短編(もしくは短編集)である。

藤本義一『壬生の女たち』
南原幹雄『新選組情婦伝』
江宮隆之『女たちの新選組 花期花会』
童門冬二『維新の女たち』所収「地獄 芹沢うめ」「屈折 近藤たか」
早乙女貢『志士の女たち』所収「蚊帳の中」
船山馨『幕末の女たち』所収「真葛ヶ原心中」「ながれ藻」
北原亞以子『埋もれ火』所収「波」「武士の妻」
  〃  『降りしきる』所収「降りしきる」
徳永真一郎『江戸妖女伝』所収「火遊び」「女と金と侍」「悲恋の明里」「沖田総司の恋」
司馬遼太郎『新選組血風録』所収「沖田総司の恋」

おそらくこれ以外にも存在するだろう。
上記の中には扇情的描写が多いものもあるが、本作ではそういう要素は薄い。
また、本作は短編でなく長編小説だが、複数のカップルを登場させ、それぞれの愛の形を描いているところは、短編連作と同じ系統に属すると考えてよいと思う。

本作に描かれる男女関係は、以下のとおり。子母澤寛の新選組三部作に着想を得たものが多い。

沖田総司&お糸
お糸は壬生村の子守娘。声が美しく、歌が上手い。
壬生寺の境内で、子供らに交じって遊ぶ沖田と親しくなり、憧れにも似た恋心を抱くようになる。また、沖田が労咳を患っていると知って、密かに胸を痛める。
沖田もまた、お糸の美しい歌声に幾度となく心を慰められる。

お糸は本作の主人公でもあり、以下の男女の様々な局面を目撃する。
また終章では、明治期に壬生を訪ねてきた佐藤俊宣(土方歳三の甥)から、新撰組隊士たちのその後の消息を聞かされる。

芹沢鴨&お梅
菱屋太兵衛の妾お梅は、太兵衛の言いつけで、芹沢が買った衣服の代金を催促しに来た。
芹沢は、お梅の美貌と菱屋への当てつけから、強引に関係を持った。しかしお梅は、芹沢の秘めた人間性に惹かれていく。
一方の芹沢は、佐々木愛次郎の恋人あぐりを横取りしようと画策、見かねたお梅が窘めても聞く耳を持たない。
そんなふたりを、悲劇的な結末が待ち受けていた。

近藤勇がお梅を芹沢と同じ墓に埋葬させなかった理由に、独自の設定がされている。
曰く、芹沢は、商家からの押し借りによって隊の運営費を調達していた。近藤らは、芹沢の行為を批判しながらも結果的には依存していた。お梅がそれを指摘したため、近藤のプライドが傷ついたのだという。
少々穿ちすぎのようにも感じるが、口に出せないからこそ腹立たしいという心理描写は興味深い。

佐々木愛次郎&あぐり
子母澤寛『新選組物語』所収「隊中美男五人衆」を題材とする。
佐々木は色白の美男、あぐりは界隈で評判の美人、対の人形のように似合いのカップル。
しかし芹沢があぐりに横恋慕。追い詰められたふたりは、佐伯亦三郎に勧められて駆け落ちしようとするが…

ふたりが知りあったきっかけを「ある出来事」としか書いていないので、何だか気になってしまった。
書かないのだったら気を持たせないで、「ふとしたことで」などと誤魔化してくれたほうがいい。

田内知&おころ
子母澤寛『新選組始末記』『新選組物語』所収の関連エピソードを題材とする。
田内は、幹部ではなく平隊士であるにもかかわらず、八条村に妾を囲っていた。
妾のおころという名は、本人が考えた名乗りで、由来はころ柿(干し柿)。「渋皮をむかれて、陰干しにされて、さんざん苦労して甘味のある柿になる」ところが自分に似ている、などと称する。
気が強く我儘なおころは、田内をさんざん翻弄。田内も、いつしかそれが快感となってしまう。
おころの浮気に気づきながら証拠を押さえられずにいた彼は、ある日…

子母澤寛作品に女の名は出てこないので、おころというのは作者の創作だろう。しかし、名前の由来は干し柿でなくてすぐ転ぶところでは、と思えるくらいに放埒でエネルギッシュな様は、いっそ清々しい(笑)
切腹の介錯役は、『新選組物語』では谷三十郎だが、本作では武田観柳斎となっている。作者はおそらく、ここで武田凋落の理由を作っておきたかったのだろう。
ちなみに、司馬遼太郎もこの田内知の逸話をアレンジして『新選組血風録』の「海仙寺党異聞」を書いている。

松原忠司&安西某の未亡人
子母澤寛『新選組物語』所収「壬生心中」を題材とする。
些細な争いから相手を斬殺してしまった松原は、その事実を打ち明けられないまま未亡人や遺児と親しくなり、その愛着と自己嫌悪との板挟みとなって苦しむ。

松原の降格が、田内の心にますます暗い影を落とす。そして、田内の死を目の当たりにした松原は、自らの不始末を精算しようと決意したらしい。この連鎖反応的な展開は巧いと感じた。
未亡人宅の異変に気づいて知らせたのはお糸、という設定になっている。

山南敬助&明里
子母澤寛『新選組遺聞』所収「池田屋斬込前後」を題材とする。
明里は島原の天神(太夫に次ぐ娼妓の位)だったが、落籍されて中堂寺村の休息所に住まう。
山南は他の幹部らが休息所を保つことに批判的だったが、沖田や藤堂平助、井上源三郎らが山南のためを思ってお膳立てしたのだった。
土方歳三との確執に疲れ切った山南は、明里と過ごす時間に安らぎを覚えるものの、その苦悩を吐露することはない。明里は山南のため様々に尽くすが…

作者が山南を好きなせいか、『新選組遺聞』よりだいぶ詳しいストーリーとなっている。
山南の死後、郊外にひとりで暮らす明里を気遣って、沖田やお糸が何度か訪問する描写もある。

近藤勇&ツネ
ツネは万延元年に嫁ぎ、近藤が京へ上ってからは留守宅を守り、舅・周斎の世話にも気を配ってきた。
結婚の際に「慎ましやかで、養父によく仕え、貞淑な妻になるだろう」と望まれた時は嬉しかったものの、今にして思えば夫の勝手放題を許すためなのか、と虚しくなる。
そんな時、近藤が将軍上洛を幕閣に要請すべく、また隊士を新規募集すべく、東下してくる。

御用繁多と言いつつ複数の女に接している近藤に対して、恨みに思いながら何も言えないツネの心情がリアルであり、ユーモアとペーソスを感じさせる。
江戸では堅物だった夫が変わってしまったのは土方の影響か、と疑うくだりが可笑しい。

原田左之助&まさ子
子母澤寛『新選組遺聞』所収「原田左之助」に着想を得たと思われる話。
菅原まさ子は、仏光寺前に住む商人の娘。原田左之助に嫁ぐことになって、幼馴染みのお龍に「壬生浪は人斬りや、そないな男と一緒になってどないするのや」となじられ、喧嘩してしまう。
このお龍は、後に坂本龍馬の妻となるのだった。
原田は、まさ子を正式な妻として迎える。同僚たちは、こういう時勢だから後腐れのない関係にしておけばいいのに、と忠告。しかし原田は「後腐れを作ったからこそ、日々の隊務に力が入るんだ」と主張する。

まさ子が産んだ赤児(長男の茂)を、お糸がお守りする。
また、まさ子とお龍が旧知の間柄という設定は、藤本義一『壬生の女たち』所収「吹く風の中に生きた」にも見られる。

山崎蒸&おみの
子母澤寛『新選組物語』所収「隊士絶命記」に着想を得たらしい話。
髪結い職人の床伝は、土方歳三に雇われて密かに反幕派を探っていた。
その娘おみのも、女ならではの手管を用い、情報を得ては新撰組に提供した。そうした行為をむしろ楽しんでいたのに、山崎蒸を本気で好きになり苦しむ。
一方、反幕浪士らも情報漏洩は床伝父娘の仕業、と気づく。

山崎には妻がいたそうだが、本作では独身と設定されている模様。
ただ、明日をも知れない我が身を思うと、おみのの気持ちに応えることができない。

このほか、土方歳三、永倉新八、山野八十八の女性関係についても言及がある。
恋愛関係とは言えないが、若い隊士たちと、彼らが姉のように慕う太田垣連月尼との交流も面白い。

新撰組以外では、桂小五郎の女性関係にも触れた箇所がある。
祇園の茶屋に仲居として働くお伊都が、桂を新撰組から守ろうとする顛末は、藤本義一『壬生の女たち』所収「尻まくりお伊都」の展開とよく似ている。

ストーリーの合間に、京都の各所をはじめ舞台となった土地(出石・多摩・上関・下関など)の地誌や習俗などを説明する部分もあり、エッセイふう豆知識といった感じ。

作者の考察や雑感もあり、それなりに興味深い。ただ、やや疑問を感じる箇所もある。
たとえば、「新撰組ファンには年齢的なサイクルがあって、中学生から高校初年頃が最高潮で、やがて潮が引くように去って行く」とある。これは一面の事実ではあると思うが、いつまでも去らずファンであり続ける人々もいるわけで、その存在を知ってか知らずか無視するのはいかがなものだろう。

ちなみに、このような人々は増えつつあるようで、関連イベントでは老若男女の姿を見かける。
それでも、作者の認識は一貫して変わっていないらしい。2013年5月8日放送、BS-TBS「日本史探究スペシャル ライバルたちの光芒」にゲスト出演した時は「土方歳三のファンは、中2から高2の女の子ばっかり。大学受験が近づくと皆どっか行っちゃう」と発言したとか。
しかし、土方歳三忌にでも実際に参加してみれば、そんなことは言えないはずだ(笑)

ストーリー全体として、純朴な隊士たちが複雑な政情や慣れない土地に戸惑いつつ、任務に恋に青春を燃焼させるものの、やがて歴史の激流に取り残され、古き時代とともに滅びていく様子は切ない。
そんな彼らを見守り、支え、あるいは一緒に滅びていく女たちの姿もまた哀切に満ちている。

本作は、朝日新聞社より単行本(1982)が出版され、旺文社から文庫本(1985)が刊行された。

新撰組の女たち




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

隊士たちと女性

自分もブログでマンガを描いていますが(ギャグ四コマですが・・・)、こうして
見ると隊士たちと女性の話というのは多いですね。
まぁ、当然といえば当然。しかも、明日をも知れぬ職務の毎日となれば、創作も
含めて多くのエピソードが生まれるでしょうね。

「土方歳三のファンは中2から高2の女の子ばかり・・・」
確かに女性ファンは多いと思いますが、もう少し年齢の高い方もおられますし
ねぇ・・・。
近年、幕末史の中で幕府方が見直されつつある中で、新選組ももう一度見直して
みようとする人が、増えつつあるように思います。
ワタクシも大人になって、幕末史を勉強するようになってから新選組を追いかける
ようになったクチです。

2014/05/30(Fri) |URL|イッセー [edit]

イッセーさんへ

ご感想ありがとうございます。
歴史を題材にした『◯◯の女たち』というコンテンツ、いろいろ見かけますよね。
例えば日本史では、万葉の、戦国の、乱世の、風林火山の、太閤記の、徳川の、幕末会津の……
世界史でも、古代ローマの、聖書の、三国志の、ルネサンスの、ヴェルサイユの……
新選組もまた例外ではない、という今回の話でした。

新選組は、学術研究の分野では長らく無視されてきて、10年ほど前からやっとまともに研究対象として取り上げられるようになりましたよね。
(※過去記事:松浦玲『新選組』http://bookrest.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
私も社会人になってから、史実の面白さに気づきました。
今後も新選組研究がいっそう発展することを期待しています。
イッセーさんのマンガの、特に近藤先生&深雪さん&お孝さんの関係にも期待していますよ~(笑)

2014/05/31(Sat) |URL|東屋梢風 [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/166-6eec5b30


back to TOP