新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 池波正太郎『幕末新選組』 

長編小説。新選組隊士・永倉新八の一代記。

少年時代から剣術に没頭し、侍奉公を嫌って松前藩士の親元を飛び出した永倉新八。
近藤勇の人柄に惚れ、志を同じくして京へ上り、新選組隊士として活躍する。

暴れ者の芹沢鴨は、永倉に亡弟の面影を見て、何かと世話を焼く。
永倉も、芹沢の懊悩を思いやり、彼が暗殺された時には心底から悼む。
慇懃無礼で気取り屋の藤堂平助とはウマが合わず、女をめぐっての確執も起きる。
しかし、池田屋事件で藤堂の危機を救ってからは和解するのだった。

また、私生活では、島原の芸妓・小常と所帯を持ち、娘にも恵まれ、満ち足りた日々を送る。
しかし、やがて時勢は激変、新選組は斜陽の一途をたどっていく。
永倉も小常に先立たれ、娘とも生き別れることになるのだった。

戊辰の動乱を戦い、その後は松前藩に帰参。
明治を生きて穏やかな晩年を迎え、大正4年に没した。


永倉新八の人の好さ、さばさばした江戸っ子気質が爽やかで快い。
剣は強いが女には不器用な彼の、恋に悩む青春像も楽しい。
永倉を引き立てるためか、藤堂平助がキザで嫌みなライバル役にされているのは、少々気の毒。
他にも、原田左之助との友情、近藤勇への敬愛と反発、芹沢鴨との奇妙な親交、妻や娘への愛情、両親への敬慕などが、永倉の人間性をよく表現している。

作中の出来事は、『近藤勇白書』と共通するものが多い。

初出は『地上』1963年1月号から64年3月号にかけての連載。
1964年のポケット文春(文藝春秋新社)をはじめ、複数の出版社から単行本・新書・文庫本が刊行されている。
昨今は、文春文庫版(初版1979/新装版2004)が入手しやすいと思われる。

[追記 2012/02/13]
永倉新八の関連書籍全般について、「永倉新八の本」にまとめた。

幕末新選組
(文春文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/17-9c935df8


back to TOP