新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 新人物往来社編『続 新選組史料集』 

史料集。新選組の関連史料を集成し、解説や注解を加えたもの。
『新選組史料集』と同様、関連史料の中で重要性が高いものを収録している。内容は下記のとおり。

「近藤勇 土方歳三」 依田学海の『譚海』から、近藤・土方に関わる部分を抜粋。
「近藤勇の事」 島居華村が島田魁への取材を下に書き、『江戸会誌』に発表した記事。
「近藤勇の伝」 丸毛利恒が『旧幕府』に発表した記事。
「近藤勇の少年時代」 中野三鷹子が土地の古老などに取材し『家庭雑誌』に発表した記事。
「近藤勇の妻及子」 中野三鷹子による上記記事の続編。『家庭雑誌』に発表された。
「土方歳三の少年時代」 歳三の生家に取材したと思われる記事。『家庭雑誌』に冷月生が発表。
「廻状留」 浪士組の回覧文書の集成。石坂周造が収蔵していたもの。
「間崎滄波」 志士・間崎哲馬の伝記。松村巌の作。清河八郎と新選組に関する部分の抜粋。
「癸亥斬姦」 斬奸事件の記録。松村巌の作。内山彦次郎暗殺に関する部分の抜粋。
「坂本龍馬」 松村巌が『土佐史談』に発表した論考。龍馬暗殺と新選組に関する部分の抜粋。
「新撰組長芹沢鴨」 松村巌が永倉新八に取材して書いた記事。『土佐史談』に発表された。
「今昔備忘記」(抄) 佐藤彦五郎の子孫宅に伝わる記録の抄録。市村鉄之助の項目あり。
「両雄士伝補遺」 近藤勇・土方歳三の伝記。小島鹿之助「両雄士伝」等を元に、橋本道助がまとめた。
「文久三年御上洛御供旅記録」 井上源三郎の兄・松五郎の日記。新選組関連の記述を抜粋。
「『取調日記』隊士名簿」 山崎烝名義の覚え書きに含まれていた隊士名簿。
「峡中沿革史」 南涯野史による甲州の歴史。勝沼・柏尾戦争の章を抜粋。
「綾瀬村の近藤勇」 地元の人から目撃談を聞いてまとめたもの。著者は斎藤三郎。
「五兵衛新田・金子家文書」 新選組屯集中の出来事をまとめた貴重文書。
「官軍記」  新政府軍に従軍した富田重太郎の日記。流山に関する部分の抜粋。
「御祭草紙」 新政府軍に従軍した彦根藩士の伝記。新選組に関する部分の抜粋。
「小松原家文書」 下総の郷土史料。旧幕陸軍の国府台屯集に関するもの。
「吉野家文書」 下総の郷土史料。新選組の流山屯集に関するもの。関連部分の抜粋。
「恩田家文書」 下総の郷土史料。新選組の流山屯集に関するもの。関連部分の抜粋。
「維新史の片鱗」 有馬藤太の回顧談。流山と近藤勇に関する部分の抜粋。
「平田宗高従軍日録」 薩摩藩士・平田九十郎の日記。新選組に関する部分の抜粋。
「夢乃うわ言」 幕臣・望月光蔵の手記を、孫の忠幸が発表。
「吉野春山文書」 竹中丹後守重固が、白河戦争中に会津藩士へ宛てた書簡。
「谷口四郎兵衛日記」 桑名藩士が保管していた日記。伝習隊の動向が記され、新選組も登場する。
「戊辰戦争見聞略記」 桑名藩士・石井勇次郎による記録。
「戊辰己巳心中書置書」 大庭久輔と、松前の医師・佐藤龍玄に関する古文書。
「戊辰十月賊将ト応接ノ始末」 松前藩士・渋谷十郎による箱館戦争の記録。

小説やマンガなどフィクションも楽しいが、史料を通して史実に触れるのもまた楽しい。
新選組の実像をよく知りたいと思う向きは、備えておくと役立つ一冊である。

2006年、新人物往来社より刊行された。A5判、箱入りの単行本。

[追記 2014/09/21]
『新選組史料大全』が、KADOKAWAより2014年9月に出版された。
詳細は下記リンク先をご覧いただきたい。
>> 『新選組史料大全』の記事を参照する

続 新選組史料集
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

ノンフィクションの関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/29-47ad01a2


back to TOP