新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 戸部新十郎『総司残英抄』 

短編小説集。京洛を舞台に、沖田総司の活躍と、彼をめぐる様々な人間模様とを描く、連作7編。

「大望の身」 人が好く、真面目で世話好きな井上源三郎と、三浦啓之助との対決。
面倒見の好い井上は、父・佐久間象山の仇を討つため入隊した三浦啓之助(=佐久間恪二郎)にも、何かと目をかけてやる。しかし、三浦はわがまま粗暴な振る舞いに走る。
一方、平隊士・赤松貫之助は、不逞浪士に殺害された同僚の仇を討ちたいと願っていた。
同じ仇持ちの身であることから、三浦と赤松は何かにつけ比較される。
その赤松が、突然行方不明となった。
後日、井上は思いがけず、失踪の真相を知る。

「木娘」 所司代の密偵・藤兵衛の、娘への愛情を、総司が目撃する。
藤兵衛は、密偵として働く一方、父子の名乗りができない娘おしげを見守っていた。
おしげは勤王浪士・白鳥兵庫と恋仲になっており、藤兵衛は白鳥の情報を報告したものかどうか悩む。
総司は、藤兵衛の思いを知りつつも、見廻組隊士を殺害した白鳥を見逃すわけにはいかないと考える。
そして、白鳥の隠れ家を発見した山崎烝と共に、その家へ向かう。

「郷愿(きょうげん)」 多摩からやってきた若者達によって、不逞浪士の隠れ家が判明する顛末。
多摩の門人・次助と藤五郎が入隊を志願して訪れるが、土方歳三は許可しない。
総司と井上源三郎は、二人に京見物をさせて帰そうと計らう。
呑気に出歩く二人は、郊外の庭にある菊の鉢に見入り、その家の主と菊作りについて話し込む。
二人の帰郷後、山崎烝の報告によって、総司は探索方とその家を急襲する。
ちなみに「郷愿」とは、善良を装って郷党の人気を得ようとする小人・俗物、の意味。

「流亡」 阿波名産のスダチを鍵として、内通者の粛清劇を描く。
隊士・針山登に不審ありと聞かされる総司だが、本人から故郷の思い出話などを聞き、とてもそのようには思えない。むしろ好ましい人物とさえ感じた。
ある夜、島原に松井竜三郎が現れる。松井は、かつて新選組に潜入、逃亡した間者だった。
土方に命令され、総司は前野五郎とともに松井を追ったものの、見失ってしまう。
土方は、輪違屋の男衆・多作が、松井を逃がしたのではと疑う。

「美人画」 新選組隊士を襲う謎の刺客と、愚直な隊士・小沼貫助との死闘。
故郷の妻を偲んで、常に似顔絵を携帯する小沼。
刺客と思しき不審者の追跡中、見張りを命じられたにも拘わらず、絵に見入って気づかないばかりか、ミスしたという自覚すらない。
ある日、謎の刺客が潜むという家へ、総司らが斬り込むことになり、小沼も従う。
しかし、その家の中に、刺客の姿は見えなかった。
やむなく引き揚げようとした時、小沼が落とし物に気づいて引き返す。

「京の夢」 隊中美男五人衆の一人、山野八十八の生涯。
色白の愛くるしい顔立ちに似合わず、山野は剣もよく遣う。
総司に命じられ島原の酒亭を内偵中、3人の浪士に襲われた時も、臆せず戦った。
この時、加勢に駆けつけた総司が、主犯を取り逃がす。
翌年、たまたま出会った旅人を道案内した総司は、不審な宿屋を発見し、山野と出かける。

「病葉」 総司の医者通いと、内通者の粛清劇を描く。
病状が進んだ総司は、周囲への配慮から、清水の近くに開業する町医者・高原園斎に通う。
園斎の弟子・長尾至は、学問のため入門し、不承不承に医業を手伝っていた。
総司は、園斎から儒学の講義を受け、至と話し、至の下宿先の父娘が営む掛け茶屋で甘酒を味わう一時に、楽しみと安らぎを感じる。
一方、大石鍬次郎は、平隊士・津雲成助が高台寺近辺に出没することを掴んでいた。
そして、至が下宿で何者かに襲われ、新品の羽織を奪われるという事件が起こる。

いずれの話も、何気ない出来事から事件へ発展していく筋立てが、非常に巧みである。
心理描写も深い観察眼と洞察力に支えられており、作者の優れた力量を感じさせる。

沖田総司は、前作『総司はひとり』と同様に独立独歩、我が道を行く風情だが、本作では冗談を言ったりふざけたりする場面が多く、だいぶ明るい印象である。
部下の面倒を見るなど新選組幹部としての気遣いも増えて、人間関係がより面白くなった。

鷹揚で少々ピントの外れた近藤勇、皆に恐れられながら総司にはいなされてしまう土方歳三、世話焼きの井上源三郎、有能で気の利く山崎烝、有能でも気の利かない大石鍬次郎、総司を尊敬する真面目な山野八十八など、脇役の人物像も生き生きと描かれる。
会話に味わいがあり、さりげない言葉の端々に寓意やユーモアが込められている。

タイトルの「ざんえい」は、一般的には「残映」「残影」が使われるだろうが、作者は見てのとおり「残英」の字を当てている。
漢和辞典によると、「英」には「美しい花」「すぐれた者」の意味がある。
沖田総司をそのような人物と擬え、彼への愛惜を表した言葉が「残英」なのだろう、と想像した。

青樹社の単行本(1978)、河出文庫(1985)、徳間文庫(1990)、中公文庫(2003)が出版されている。
電子書籍もある様子。

総司残英抄
(中公文庫)




短編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/02/08(Sat) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/45-532aed39


back to TOP