新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 飯干晃一『会津の小鉄』 

長編小説。会津人足部屋の総取締りを務めた大侠客、会津の小鉄の一代記。

大坂の商家に生まれ育った上坂仙吉は、長じて博徒の世界に身を投じた。
水戸浪士だった父ゆずりの名刀虎徹をふるって敵を退け、「小鉄(虎徹)の仙吉」の異名を取る。

その義侠心と必死の働きを認められ、いつしか大親分・大垣屋清八一家の筆頭分にのしあがった。
清八が京都の会津部屋元締めであったことから、総取締りに任ぜられ、「会津の小鉄」と呼ばれる。
総取締りの仕事は、会津藩の京都藩邸と守護職屋敷の建設工事における人手の確保から、建築資材・食料・日用品の調達まで、幅広い。

やがて会津藩御預浪士・新選組が誕生すると、彼らの活動を助けて情報収集するよう依頼される。
近藤勇の人柄に惚れ込み、徳川に賭けようと決意した小鉄は、自らの一家を挙げ、損得を超えて尽力する。
池田屋事件では探索、蛤御門の変では消火活動、鳥羽伏見の戦いでは補給や負傷者の後送、さらに新政府側の監視をくぐって会津藩戦死者の遺体を弔い、三条河原に晒された近藤の首級を奪取し埋葬するなど、決死の活躍をくりひろげる。


自分の道を貫き通す小鉄の生き様は、痛快で胸がすく。
小鉄と山崎烝が幼なじみという設定で、このふたりが一致協力し、探索活動にあたる。

他にも近藤勇、土方歳三、沖田総司、芹沢鴨など、主だった人物が登場。
彼らの経歴や逸話、さらには小鉄と直接関わらない甲陽鎮撫隊と勝沼戦争の顛末、近藤の刑死、宮古湾海戦に至るまで、新選組に関する記述がかなり詳しい。

姉小路公知の暗殺が小鉄の陰謀であったり、新見錦の死は芹沢との不和が原因であったりなど、独自の設定・展開もなかなか面白い。
作者が歴史をよく調べて書いている感じで、創作と史実とのバランスが巧くとれた作品である。

勁文社の単行本2巻(1976/1981)、角川文庫の上・下巻(1986)が出版されている。

会津の小鉄〈上〉
(角川文庫)



会津の小鉄〈下〉
(角川文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/48-6c5e3ff4


back to TOP