新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 童門冬二『新撰組が行く』 

長編小説。真の士道を貫き通す新撰組の興亡を、近藤勇と土方歳三とを中心に描く。

重点の置かれている出来事は、浪士組結成、芹沢派粛清、池田屋事件、禁門の変、伊東派加盟など。
鳥羽伏見戦争から後の経過は、ごく短くまとめられており、土方歳三の戦死で終わる。

本作の特徴は、真の士道を守る近藤や土方の精神風土が、故郷多摩によって育まれたと強調している点にある。
彼らが浪士組に加わって京へ上り、斜陽と知りつつなお幕府を支えようとするのは「土に生き、土を忘れず、徳川への恩を決して忘れない八王子千人隊の伝統」があるからこそである。
そして、新撰組を「言論と行動が一致する本物の人間たちの集まり」にすべく鉄の規律で引き締めていくのも、それが多摩人の生き方だからこそ、と定義されている。
この彼らの精神は、時代が変わろうとも決して揺るがない。

この精神を象徴しているのが、市作という架空の登場人物である。
市作少年は、日野で天然理心流を学び、後に上京。近藤の側付きとなり、誠心誠意を尽くし懸命に働く。

そして、市作の対極に配されたのが、浪人の車一心。
彼は、近藤らと常に対立し、清河八郎、芹沢鴨、桂小五郎、伊東甲子太郎と頼る相手を都合よく乗り換え、欲得ずくで立ち回り、功名心を満たそうとする。
また、松原忠司が心中に至るまでの苦悩が、この車の策謀と絡んで詳しく描かれている。

土方歳三の恋人として、幕臣の未亡人・藤が登場する。
プラトニックな関係ながら、大政奉還の後、新撰組と土方の運命を予知した藤は、足手まといになるまいと自害してしまう。
土方は、藤の面影を抱き続け、その面影に対して密かに心情を吐露する。
純愛なればこそ思いは深い、ということか。
一方、近藤勇の女性関係については、どういうわけかまったく言及されない。

作者は時に、突飛な設定や展開を書く。新撰組への愛が有り余って、つい暴走してしまうような感じか。
本作では、その傾向が抑制されており、唐突感や違和感は少なめ。ただ、愛情の深さは変わらず伝わってくる。

他の童門作品(特に初期)ではすぐ感情的になる土方歳三が、本作ではむやみに激高しない、冷静沈着な性格に描かれている。
しかも、地の文で、他の人物が苗字か名前で表記されているのに、土方だけは「歳さん」と愛称で書かれている。作者はよほど愛着があるものと見た。

秋田書店から単行本(1982)が出た後、旺文社文庫(1987)、集英社文庫(1994)が刊行された。
すべて上・下2巻の構成。
また、2003年に改版『全一冊 小説 新撰組』が集英社文庫として出版された。
上・下巻が合本、書名や巻末解説が変わっただけで、作品内容に異同はない様子。

新撰組が行く〈上〉
(集英社文庫)
>>詳細を見る



新撰組が行く〈下〉
(集英社文庫)
>>詳細を見る



小説・新撰組
(集英社文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/50-3b90b5a2


back to TOP