新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 桜井滋人『血録新選組』 

長編小説。副題『幕末の疾風児』。
新選組の興亡を、謎の一党の暗躍を交えつつ、池田屋事件直後から鳥羽伏見戦争にかけて描く、伝奇ふうの時代活劇。『魔剣・新選組』の続編。

池田屋事件の後、新選組の勇名は一躍高まる。
しかし、市中には未だ尊攘激派が潜み、捲土重来の機会を窺っていた。
隊士達は市中取り締まりに忙しく、合間を縫って花街へ息抜きに出かける日々だった。

近藤勇も休息所へ通うが、その帰途を襲撃され、真に気の休まる暇はない。
土方歳三は、謎の一党を率いるお市婆から、長州が出陣の準備をしていると知らされる。

その後まもなく、長州軍が続々と京へ上ってきた。
京都守護職から出陣の命が下り、新選組も会津藩とともに九条河原を固める。
竹田街道銭取橋で大垣藩と長州福原隊とが戦端を開くと同時に、御所危うしの報をお市婆の手下・吉がもたらした。
新選組は近藤隊・土方隊の二手に分かれ、土方隊は御所へ急行する。


前編『魔剣・新選組』では謎だったお市婆ら一党の正体が、おぼろげながら明かされる。
一党は、山間放浪者の一族であり、秩父八流忍者の流れを汲み、天然理心流宗家ともつながりがあるらしい。
前編に続き本作でも、様々な忍びの術を駆使し、長州や薩摩の動静を探る。
また、禁門の変で爆薬を用いて新選組の血路を開いたり、鳥羽伏見開戦前に病身の沖田を江戸へ移送したり、新選組にとって無くてはならない協力者となっている。

伝法な台詞まわしや露骨な性描写は前編と同じような印象だが、主要な人物は新選組の隊務に取り組み、あまりに無軌道な行動を取ることはなくなっている。
土方が、お市婆にだけは頭脳でも腕力でも太刀打ちできない。相手が強すぎるのでやむをえないが、やや情けなくもあり、ユーモラスでもある。
近藤は、常に冷静で洞察力にも優れている。かっこよすぎて、少しは欠点を見せるなど愛すべき面もあって欲しい気がする。
山南敬助は、新選組を守るため秘密の計略を抱き、敢えて土方と対立する。その計略はうまく運ばないまま終わるが、あくまで隊のためを思い、誰も恨むことなく死んでいく心情が印象的に描かれている。
それに比べると、藤堂平助(作中では兵助)の死はあっさり描かれ、少々物足りなく感じられた。
厳しい闘いが続く中で、沖田総司とお藤の恋模様が唯一ほっとさせる要素。

作者は、巻末あとがきでは本作の続きを書きたいと旺盛な意欲を語っているが、続編を出さないまま世を去った。
もし新選組の終焉まで描かれたとしたらどのような結末を見たのか、読んでみたかった気もする。

廣済堂文庫(1990)が出版されている。

血録新選組
幕末の疾風児
(広済堂文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/68-562e5c53


back to TOP