新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 森村誠一『新選組』 

長編小説。近藤勇・土方歳三・沖田総司を中心とする新選組の興亡を、彼らの少年時代から箱館戦争終結後にかけて描く。倒幕派の動向もある程度詳しく書かれており、いわゆる群像ものの趣。

自己否定的な時代錯誤集団を牛耳る、独善的なワンマンリーダーの近藤勇と土方歳三。
正当性の有無にかかわらず、内外の邪魔者を暴力で排除していく。
しかし、その努力も虚しく、新選組は幕府とともに斜陽の一途をたどり、滅びてゆくのだった。

史実と創作とを交えたストーリーの中で、独自の展開として以下のような例がある。
  • 姉小路公知暗殺事件は、一橋慶喜や松平容保らの陰謀によるもの。
  • 相馬主計が入隊した動機は、新選組への復讐のため。
  • 世良修蔵暗殺事件は、土方が仕組んだ陰謀である。
これらを面白いと見るか、穿ち過ぎと思うかは、評価の分かれるところだろう。

新選組という存在を、ごく冷淡に突き放して描いている印象。
まえがきに「新選組は時代錯誤集団であり、意図的にそうあり続けた節も窺える」との趣旨がある。
滅亡する幕府を支持したのが「時代錯誤」の意味らしい。
しかし、その時代に生きた人々が、先の歴史的展開を事前にどれだけ予測できたろうか。
作者はあくまで現代人の視点から俯瞰しており、時代の渦中に生きる者の立場に自らを置くことはしていない。
この点も、読者によって評価が分かれよう。

まえがきには、近藤・土方・沖田を「殺人クリーンアップトリオ」と表現した箇所もある。
近藤が誰かを排除すべきと判断して、土方が具体的な手段を案出、沖田が実行する、という意味らしい。
新選組を「内部粛清を繰り返した閉鎖的な暴力集団」と捉えての文言、と感じられた。

作者は作中で、近藤・土方の言動を、近代民主主義の見地から「専横」と批判する。
ところが、別の箇所では「半農出身の田舎剣客の分際で、政局に口出しする身の程知らず」と封建主義的な批判を加えており、矛盾しているように思える。
初出は週刊誌の長期連載だったので、作者自身、以前の記述を途中で失念してしまったのかもしれないが、せめて同じ作品の中では首尾一貫して欲しい。読者が戸惑う因である。

本作は、一般的な歴史・時代小説とは、味わいが異なる。
例えて言うなら、現代の企業戦士が会社のため、権謀術数をめぐらせ、法律や倫理に反する行為に手を染めてまで職務を遂行しようとするが、やがて自滅する――といったサスペンス小説、ピカレスクロマンに近い。
そのようなジャンルのつもりで読んだほうが、楽しめるかもしれない。

初出は『週刊朝日』1989年10月6日号~1991年6月28号の連載。
朝日新聞社刊の単行本上・下巻(1992)、カドカワノベルズ全3巻(1993)、朝日文芸文庫上・下巻(1994)、祥伝社文庫上・下巻(2003)、角川春樹事務所・時代小説文庫上・下巻(2009)などが出版されている。

新選組〈上〉
(時代小説文庫)



新選組〈下〉
(時代小説文庫)




長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんばんわ。
わたしも、この本には違和感を覚えました。新撰組に対する悪意には、「歴史は進歩する」という左翼的考えを感じました。誰もが、暗中模索しつつ、精一杯に生きた時代。もっと、『生きる人』への愛情があってもよかったと感じ、読み終えた記憶があります。

2011/12/02(Fri) |URL|なおまゆ [edit]

Re: なおまゆさんへ

なおまゆさん
コメントありがとうございます。「左翼的」というご指摘、同感です。

新選組を「時代錯誤」とする意見は他でもよく見かけますが、正直大いに疑問です。
当時、国家体制の行き詰まり、変革の必要性は多くの人が感じていたでしょうが、
幕府滅亡を予測し得た人は、直前までほとんどいなかったと思われます。
薩長土の新政府方でさえ、少なくとも奥羽を完全攻略するまでは
形勢逆転を恐れ必死でした。

敢えて人物に共感せず突き放して描くのも、小説のスタイルとして「あり」とは思います。
ただ、「客観視」と「蔑視」とは別ものですし、おかしな批判も要りません。
ストーリーを描くだけにして、読者各々の判断に任せればよい、と感じます。

2011/12/03(Sat) |URL|東屋梢風 [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/72-bb71e527


back to TOP