新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 風巻絃一『ぐでん流剣士』 

長編小説。副題『新選組・藤堂平助』。
伊勢津藩主の落胤として生まれた藤堂平助の生涯と、新選組の興亡を、池田屋事件の直後から油小路事件にかけて描く。

池田屋事件の後、江戸へ下った藤堂平助。
近藤勇の意を受けて伊東甲子太郎に新選組への加盟を勧め、一党を伴って京都へ戻る。
その頃、隊内では、土方歳三山南敬助とが事々に意見を対立させ、衝突していた。
政争の果てに、山南は土方の陰謀によって脱走の罪を着せられ、処断される。

山南の後を襲って参謀職に就いた伊東は、隊を再編成し、自己勢力の扶植を図った。
一方、土方は苛烈な訓練と制裁を以て、隊士らを厳しく統制する。
もともと土方の冷酷な性格を好かなかった平助は、伊東の人間性重視の思想に惹かれ、尊攘派を討つことに抵抗を覚えるようになる。
やがて、土方との反目が決定的となって、伊東は同志を率い脱盟、平助も去就を共にした。

ある日、平助はかつて恋仲だった、医師の娘・寿美枝と再会し、親しく行き来するようになる。
そんな平助の心変わりを、くノ一・夏が責めた。
夏は、男装して新選組の探索方「三浦常三郎」を名乗っているが、実は藤堂家が遣わした伊賀者であり、いつしか平助の情婦となっていた。
二人が続けてきた秘密の関係は、ついに破綻する。

そして運命の油小路。沖田総司は平助に挑むが、討つことができず逃がそうとする。
しかしその時、「三浦」が捨て身の攻撃をしかけていく。


本作の藤堂平助は、出生のため性格が屈折しており、酒だ女だと素行が悪い。
しかし、根は寂しがりで優しく、正義感の強い青年。
その平助に信頼される伊東甲子太郎も、見識の高い人格者として描かれている。

それに対し、土方歳三は陰険・狭量・固陋な最低の男。
その腹心の山崎烝も、卑しい性格。
近藤勇は、人情家ではあるものの、側妾の愛情・貞操を確認するために養子の周平を追い詰めて死なせるなど、とんでもない愚かしさを露呈する。
平隊士たちは、幹部の勝手な意向に振り回されて混乱し、身を滅ぼしていく。
不信に満ちた人間関係の描写が多く、暗い気分にさせられる。

人物造形のほか、池田屋の跡で怪事が起きたり、服部武雄が特異な二刀流を使ったりなど、『斬りすて浪人』と共通の要素が多数見られる。

藤堂平助と同じく、津藩主・藤堂高猷の側室の子で、容貌もよく似た藤堂数馬という倒幕派志士が登場する。
この数馬との対比によって、平助の内面が明らかにされる場面は面白い。

春陽文庫(1971/再1990)が出版された。その後、電子書籍も出ている。

ぐでん流剣士


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/81-2c5a8131


back to TOP