新選組の本を読む ~誠の栞~

小説 史談 エッセイ マンガ 研究書など

 津本陽『剣のいのち』 

長編小説。若き剣客・東使左馬之助(とうしさまのすけ)が、疾風怒濤の幕末維新期を力強く生き抜く姿を描く。

紀州藩の内政に嫌気が差し、脱藩した左馬之助は、京へ上る。
洛中の治安は、信じ難いほど悪かった。
茶屋の打ち壊し現場で、不逞浪士から逃げる娼妓をかばったのが縁で、三本木の芸者・佳つ次と出会い、恋仲になる。
また、薩摩の中村半次郎と親交を結ぶ。

折柄、結成間もない新選組が、幕府方の治安組織として勢力を伸ばしていた。
左馬之助は、かつて江戸の伊庭道場に学び、試衛館一門とも面識があったことから、半次郎の依頼を受け、新選組に客分として入り込み、内情を探る。
剣術教授方となった彼は、稽古や隊務に協力し、時には長州から送り込まれた間者の掃討を手伝いもした。
ところが、激務から心身の変調が現れるに至り、新選組での生活に限界を感じる。

同郷の陸奥陽之助に誘われ、神戸の海軍操練所への入塾を決めた左馬之助は、近藤勇に暇乞いして許可を得た。
しかし土方歳三は、隊の内情を知りすぎた左馬之助に対して、討手を差し向けてくる。
これを決死の覚悟で撃退し、佳つ次を連れて神戸へ逃れたのだった。

神戸では、人斬りとは無縁の、勉学に勤しむ日々を過ごす。さらに長崎へ出かけ、五代才助と知りあい、見聞を広めもした。
そんな時、北添佶麿や望月亀弥太ら一部の塾生が、在京の尊攘激派と結び蜂起を企てる。
これを思い止まらせようとする坂本龍馬に伴われ、京都に潜入した左馬之助は、厳しい取り締まりをかいくぐり、新選組の襲撃から塾生らを救うため、池田屋へと急ぐ。


架空の主人公が、実在の人物達と絡む物語である。
主人公の左馬之助は、ただの剣術バカではない。時勢の変化を敏感に感じ取り、将来のために為すべきことをきちんと考えている。佳つ次という健気な恋人も、常に側にいる。
ただ、その強さと正義感ゆえに闘争を避けられない運命にある。

重要な脇役として、新選組の主立った面々が登場する。
左馬之助の目から見た新選組隊士らの人物像、訓練や隊務遂行の様子、内部粛清の経緯などがリアルに描かれており、興味深い。特に、土方歳三が具体的な戦法を隊士らに教授する場面、沖田総司が左馬之助と立ち会う場面は、印象的である。
剣戟描写の迫真性が高い。

作者が新選組の在京期を詳しく描いた作品としては、他に長編『虎狼は空に』もある。これにも本作と似た描写が見られる。
ただ本作は、左馬之助を主人公とする青春小説の要素もあるので、『虎狼は空に』ほど殺伐感は強くない。

初出は、『週刊朝日』1983年1月7日号から9月30日号までの連載。
朝日新聞社より単行本(1984)が刊行され、文春文庫(初版1988/新装版2010)も出ている。

剣のいのち
(文春文庫)
>>詳細を見る



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村 ←クリック応援ありがとうございます

長編小説の関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:https://bookrest.blog.fc2.com/tb.php/97-4b8c6dc2


back to TOP